【競馬】 「横綱はトゥザワールド」 アンカツが3歳牡馬の番付を発表

安藤勝己



スポンサードリンク
----------------------------------------------




皐月賞目前。安藤勝己が選定する「3歳牡馬番付」




ドラマチック春競馬(8)

「混戦」と言われる今年の牡馬クラシック戦線(皐月賞→ダービー)。昨年末に行なわれた2歳GI朝日杯フューチュリティS以降、クラシックにつながるステップレースの勝ち馬がすべて異なっているのが、その要因だ。しかも、有力各馬は安定したレースを重ねて底を見せていない。素人目には、どの馬がいちばん強いのか、まったく見当もつかない。そこで今回、馬を見る目が確かな元ジョッキーの安藤勝己氏に、有力3歳牡馬の能力分析を依頼。安藤氏独自の視点で「番付」してもらった。



今年の牡馬クラシックは、本当に混戦だね。勝ってもおかしくない馬が5~6頭いて、それらのレベルも決して低くない。ズバ抜けた存在がいないから、レースの流れが脚質的に向いたとか、当日の馬場状態が合っていたとか、ちょっとしたことで着順が入れ替わっている。

そうした流れは、クラシックでも変わらないんじゃないかな。だから、皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)とダービー(6月1日/東京・芝2400m)では、おそらく勝ち馬が違ってくると思う。正直、そういう馬たちを評価して、現時点で順位づけするのは、競馬関係者でもかなり難しいことだよ。それでも、あえて「番付」をつけるならば、以下のような感じかな。

   ◆     ◆     ◆

横綱:トゥザワールド(牡3歳)
(父キングカメハメハ/戦績:5戦4勝、2着1回)


 前哨戦の弥生賞で、最後は2着馬(ワンアンドオンリー)に詰め寄られたとはいえ、力勝負のレースを自分で作って、自ら動いて押し切った。やっぱり能力があるな、と思った。折り合いもつくし、皐月賞が行なわれる中山の(荒れた)馬場も合いそう。名牝トゥザヴィクトリーの子という、血統もいい。総合的に見て、皐月賞まではトゥザワールドが最上位の評価でいいと思う。

 レースを使う度に機敏さも出てきたし、乗りやすそうな馬。主戦の川田(将雅)騎手も「(トゥザワールドは)いろんな競馬ができるから、自信を持って乗れる」と言っていた。大舞台では、そういう騎手の心理はプラスに働くもの。弥生賞ではやや強引な競馬をしたけど、皐月賞に向けてはそれがいい経験になったと思うし、(皐月賞では)確実に3着までには来る雰囲気がある。


全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140415-00010001-sportiva-horse








※格付け



・横綱

トゥザワールド


・大関

トーセンスターダム、ワンアンドオンリー


・関脇

ロサギガンティア


・小結

イスラボニータ


・前頭1枚目

アドマイヤデウス


・前頭2枚目

バンドワゴン




















~twitter~

































アジアエクスプレスの名前がない…
挙がっている馬よりも、切った馬の評価コメントが欲しいですね。








スポンサードリンク
----------------------------------------------

関連記事


・人気ブログの更新情報



この記事へのコメント

トラックバック

URL :









カテゴリ
検索フォーム
ランダムジャンプ
おすすめ











アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
10位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
6位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング



応援よろしくお願いします
書置き
管理人NAME:出遅れ癖

RSS facebook ボタン 

04/27
2chSCについて追記しました
記事リンク

08/01
超多忙のため、更新数減ってます
秋までには元のペースに…



パチンコ&スロットはこちら(更新休止中)
アクセスランキン
おすすめ競馬ブログ
相互リンクサイト様(競馬情報)
相互リンクサイト様(競馬予想)
相互リンクサイト様(パチ&スロ)
相互リンクサイト様(2chまとめ)
アンテナサイト様
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: