【競馬】 ルヴォワール、強過ぎワロタwww

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/03/25(土) 14:38:48.58 ID:Vjp/Nzgf0.net





【ドバイターフ】 モレイラマジック炸裂!ヴィブロス外から豪脚繰り出し鮮やか差し切り!G1・2勝目

1: 丁稚ですがφ ★@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 00:39:12.48 ID:CAP_USER9.net


現地時間25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイターフ(北半球産馬4歳以上、南半球産馬3歳以上・首G1・芝1800m・1着賞金360万米$)に、日本のヴィブロス(牝4、栗東・友道康夫厩舎)が出走。

鼻出血により昨年の優勝馬リアルスティールが無念の回避。13頭立てで行われ、J.モレイラ騎手のヴィブロスはスタート五分も後方に下げ、道中は後方の内めを通る展開。直線に向いて、内から徐々に外に出すと、鋭く伸びて前にいる馬を差し切った。勝ちタイムは1分50秒20。昨年の秋華賞に続いてGI2勝目、海外GI初制覇。

2着は騎乗のG.ブノワ騎手騎乗のエシェム(牡4、仏・C.フェルラン厩舎)、3着にはW.ビュイック騎手騎乗のリブチェスター(牡4、英・R.フェイヒー厩舎)が入った。

日本調教馬が同レースを制したのは、2007年アドマイヤムーン、2014年ジャスタウェイ、2016年リアルスティールに続く4頭目。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=120291





【ドバイGS】 唯一の3歳馬・日本から参戦ディオスコリダー11着 優勝はマインドユアビスケッツ

1: 丁稚ですがφ ★@\(^o^)/ 2017/03/26(日) 00:06:17.87 ID:CAP_USER9.net


現地時間25日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイゴールデンシャヒーン(3歳上・首G1・ダ1200m・1着賞金120万米$)に、日本のディオスコリダー(牡3、栗東・高橋義忠厩舎)が出走。

優勝したのは、J.ロザリオ騎手騎乗のマインドユアビスケッツ(牡4、米・C.サマーズ厩舎)。スタートでやや出遅れて、道中も外々の後方にいたが、直線に向くと大外から豪快に伸びて優勝した。勝ちタイムは1分10秒91。

2着はW.ビュイック騎手騎乗のコミカス(セ4、首・C.アップルビー厩舎)、3着にはC.ヘイズ騎手騎乗のモラウィジ(セ7、首・D.セルヴァラトナム厩舎)。

ディオスコリダーは終始後方の位置にいて、直線に入ってからも見せ場なく11着に終わった。
http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=120289





【競馬】 世界最強馬アロゲートのボブ調教師が、日本へアドバイス!!

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/03/24(金) 16:34:12.12 ID:7pgMxnAJ0.net
ボブ・バファート

―日本馬4頭を含むライバルを、どう見ていますか。

「ライバルについてはあまり考えてない。2頭か3頭か、知ってるけど、自分の馬のことだけ考えている。
自分のペースで競馬ができればチャンスある」

―これまでに手掛けたキャプテンスティーヴ(01年ドバイ・ワールドC)、シルバーチャーム(97年米ケンタッキーダービー、プリークネスS、98年ドバイ・ワールドC)といった素晴らしい馬と比べて、アロゲートをどう見ていますか。

「アロゲートは私がドバイに持ってきた馬の中で一番いい馬。
間違いない。シルバーチャームは気持ちが強くて、いつもファイトしてたけど、アロゲートの方が能力がある。2000メートルでいい競馬ができるし、いいスピードもあるね」

―多くの日本馬が海外のダート競走に参戦しています。
世界最高のレースを勝った調教師として日本の調教師にアドバイスはありますか。

「日本は米国から最高の繁殖牝馬を買っているので、日本は強くなった。米国のダート競馬で一番必要なのはスピードです。
スタミナも必要ですけど、長い距離のスタミナと違うスタミナです。
スタートからゴールまで持続できるスタミナが必要。調教でトレーニングすることが必要だと思います」
(聞き手=ケイト・ハンター)
http://www.hochi.co.jp/horserace/world/20170323-OHT1T50231.html?from=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter



2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/03/24(金) 16:34:43.52 ID:7pgMxnAJ0.net
◆ボブ・バファート(Bob・Baffert)
1953年1月13日、米国生まれ。64歳。調教師として91年に平地競走用のサラブレッドの調教を始め、01年にドバイ・ワールドCを制覇したキャプテンスティーヴ、97年の米2冠馬シルバーチャーム、02年の米2冠馬ウォーエンブレム、15年米3冠馬アメリカンファラオなどを管理した。09年に米国で殿堂入りを果たしている。





【阪神大賞典】 サトノダイヤモンドが思ったほど強くなかった件

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/03/19(日) 15:39:52.20 ID:wID2Ebol0.net


やはり斤量差がないとこんなもんか





≪PREVNEXT≫




カテゴリ
検索フォーム
注目記事
カウンター(PV)
おすすめ











ブログランキング



応援よろしくお願いします
書置き
管理人NAME:出遅れ癖

RSS facebook ボタン 

04/27
2chSCについて追記しました
記事リンク



パチンコ&スロットはこちらで更新中
アクセスランキン
おすすめ競馬ブログ
相互リンクサイト様(競馬情報)
相互リンクサイト様(競馬予想)
相互リンクサイト様(パチ&スロ)
相互リンクサイト様(2chまとめ)
アンテナサイト様
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: